「季節のお知らせ」カテゴリーのアーカイブ

jiyuan

暑さ、寒さも彼岸まで

今年も春彼岸を迎え、伝統芸能の彼岸獅子の舞が始まりました。

以前は二十数団体もあった獅子舞も、今では七団体ほど。

長男だけが伝承を許されると言うこの舞。今年も先祖の霊を慰める為、舞をお願いしました。

彼岸獅子

春の彼岸獅子

昨年は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

体験、制作など各種受け付けています。気軽に、メール・お店までお尋ねください。

2017年賀

jiyuan

紫陽花

前回載せた、店先の紫陽花(あじさい)の花が咲きました。

店先の紫陽花

店先の紫陽花

jiyuan

春の会津若松

鶴ヶ城と桜

鶴ヶ城と桜

鶴ヶ城の夜桜

鶴ヶ城の夜桜

たけのこ

たけのこ

賑わいを見せた お城の桜も終わり、博物館の竹林に竹の子を見つけました。

 

紫陽花

紫陽花

店の前の狭い 植え込み。鉢植えの紫陽花が、薄く色づきました。濃いピンク色になるのも もうすぐです。

ふくろうも、これから始まる体験にこられる皆さんをお待ちしております。

今年は雪の少ない冬を過ごしていますが、なんとも物足りない気がします。

2月18日、東京へ行ってきました。上野公園ではカンザクラ?でしょうか、満開でした。

毎年恒例の日本刻字展と、隔年で行われる国際刻字芸術公募大展とが、今年は同時に開催され、鑑賞しに行ってきました。

日本刻字展は東京都美術館で、国際刻字芸術公募大展は銀座画廊美術館で、それぞれ展示されました。

出品された作品はもとより、多くのギャラリーでにぎわい、自作品を探すのも一苦労でした。

日本刻字展出品作品

▲日本刻字展出品作品

日本刻字展目録

▲日本刻字展目録

国際刻字芸術公募大展出品作品

▲国際刻字芸術公募大展出品作品

国際刻字芸術公募大展テープカットの様子

▲国際刻字芸術公募大展テープカットの様子

熱心に見入るギャラリー

▲熱心に見入るギャラリー

上野公園のカンザクラ?

▲上野公園のカンザクラ?

jiyuan

2016年 元日

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

画像の文字は今年の干支「申」。

「申」は「雷」の原字で、雷光(稲妻)を表した象形文字。

電の下部は屈折して走る稲妻を表しています。

申

明けまして、おめでとうございます。

謹んで新春をお祝い申し上げます

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

謹賀新年 2015年1月

謹賀新年 2015年1月

jiyuan

季節の漢字「桜」

ようやく寒い冬が終わり、桜の季節に変わろうとしています。

櫻

桜

この桜という漢字、「嬰(エイ):貝が2つ+女」で、貝を並べて首に巻く首飾りをした女性のことを表し、“とりまく”といった意を含みます。
「木+嬰」は花が木をとりまいて咲く様子を表します。

また「貝」は子安貝の象形で、“かい”の意を表します。古代はきれいな貝を装飾や賞品、貨幣の代わりに用いたことから宝の貝とされていました。

jiyuan

今月の漢字(12月)

今月の漢字は「歳」

「歳」

「歳」

「歳」は「歩(としのあゆみ)」+「戉(エツ・刃物)」
手鎌の刃で作物の穂を刈り取るまでの時間の流れを示す。
太古には、種まきから収穫までの期間を表し、後に一年の意となる。

2013.12-2
■歩
“あゆむ”の意味。

■戉
「戉」は、象形文字で“マサカリ”のような形をした古代の武器を描いたもので、丸くえぐった形をし、犠牲を割くときに使う。

■歳
「歳」は祭名で、年に一回農穀の稔りや次の年へと歩む意味を表す祭祀が行われ、その祭祀のとき、犠牲として赤い毛色の騂牛(しぎゅう)が供えられる。歳は、その犠牲を用い行われる祭儀のことを言う。
この祭祀をもって年を数えたともいわれている。

Next »