明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

体験、制作など各種受け付けています。気軽に、メール・お店までお尋ねください。

2017年賀

jiyuan

紫陽花

前回載せた、店先の紫陽花(あじさい)の花が咲きました。

店先の紫陽花

店先の紫陽花

jiyuan

春の会津若松

鶴ヶ城と桜

鶴ヶ城と桜

鶴ヶ城の夜桜

鶴ヶ城の夜桜

たけのこ

たけのこ

賑わいを見せた お城の桜も終わり、博物館の竹林に竹の子を見つけました。

 

紫陽花

紫陽花

店の前の狭い 植え込み。鉢植えの紫陽花が、薄く色づきました。濃いピンク色になるのも もうすぐです。

ふくろうも、これから始まる体験にこられる皆さんをお待ちしております。

今年は雪の少ない冬を過ごしていますが、なんとも物足りない気がします。

2月18日、東京へ行ってきました。上野公園ではカンザクラ?でしょうか、満開でした。

毎年恒例の日本刻字展と、隔年で行われる国際刻字芸術公募大展とが、今年は同時に開催され、鑑賞しに行ってきました。

日本刻字展は東京都美術館で、国際刻字芸術公募大展は銀座画廊美術館で、それぞれ展示されました。

出品された作品はもとより、多くのギャラリーでにぎわい、自作品を探すのも一苦労でした。

日本刻字展出品作品

▲日本刻字展出品作品

日本刻字展目録

▲日本刻字展目録

国際刻字芸術公募大展出品作品

▲国際刻字芸術公募大展出品作品

国際刻字芸術公募大展テープカットの様子

▲国際刻字芸術公募大展テープカットの様子

熱心に見入るギャラリー

▲熱心に見入るギャラリー

上野公園のカンザクラ?

▲上野公園のカンザクラ?

jiyuan

2016年 元日

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

画像の文字は今年の干支「申」。

「申」は「雷」の原字で、雷光(稲妻)を表した象形文字。

電の下部は屈折して走る稲妻を表しています。

申

jiyuan

鳳

鳳(おおとり)とは、鳥+凡

「大鳥の姿+sai(風にはためく帆)」の象形で、

風にはばたく“おおとり”の意味を表します。

明けまして、おめでとうございます。

謹んで新春をお祝い申し上げます

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

謹賀新年 2015年1月

謹賀新年 2015年1月

過日、4日間にわたり行われたある町の福祉センターでの高齢者による游印の体験。
游印体験は初めてのお年寄りばかりとお聞きしていたので、印材(石)も少し大きめ、彫る文字も一文字と極力簡単なものを準備していましたが、いざ始めてみるとどうしてどうして、一文字彫りの物足りなさを訴える方々が続出。
この光景にビックリするやら嬉しいやら・・・
日本を築く礎となられた高齢者の方々の恐るべき力は、今なお日本の国を動かすパワーに満ち足りている様でした。

この時制作された游印は秋の文化祭作品に押印されるとのこと。
作品と游印、個々の堂々とした個性が垣間見れそうです。

体験風景

体験風景

真剣な様子の皆さん

真剣な様子の皆さん

jiyuan

第27回会津刻字展

7月3日から7日まで「第27回会津刻字展」が開催されます。
5日~6日は游印とストラップの体験も行われ、体験初日の今日は体験ならびに鑑賞に訪れた方が多く、大盛況でした。

場所:栄町オサダ3F[アブドゥ]/福島県会津若松市中町1-4(栄町オサダ3階)

作品展の様子

作品展の様子


20140705-02

jiyuan

季節の漢字「桜」

ようやく寒い冬が終わり、桜の季節に変わろうとしています。

櫻

桜

この桜という漢字、「嬰(エイ):貝が2つ+女」で、貝を並べて首に巻く首飾りをした女性のことを表し、“とりまく”といった意を含みます。
「木+嬰」は花が木をとりまいて咲く様子を表します。

また「貝」は子安貝の象形で、“かい”の意を表します。古代はきれいな貝を装飾や賞品、貨幣の代わりに用いたことから宝の貝とされていました。

Next »