jiyuan

暑さ、寒さも彼岸まで

今年も春彼岸を迎え、伝統芸能の彼岸獅子の舞が始まりました。

以前は二十数団体もあった獅子舞も、今では七団体ほど。

長男だけが伝承を許されると言うこの舞。今年も先祖の霊を慰める為、舞をお願いしました。

彼岸獅子

春の彼岸獅子

jiyuan

もうすぐ春

まだ寒い会津ですが、もうすぐそこまで春が近づいています。
春は鶴ヶ城の桜や、新緑の山々がおすすめです。

会津若松にお越しの際は、字游庵にお気軽にお立ち寄りください。
当日でも游印体験ができます。

游印体験の様子

游印体験のようす

jiyuan

帰雲

日本刻字協会展への出展作品です。
(東京都美術館に1月に出展された作品です)

帰雲

昨年は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年あけましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

体験、制作など各種受け付けています。気軽に、メール・お店までお尋ねください。

2017年賀

jiyuan

紫陽花

前回載せた、店先の紫陽花(あじさい)の花が咲きました。

店先の紫陽花

店先の紫陽花

jiyuan

春の会津若松

鶴ヶ城と桜

鶴ヶ城と桜

鶴ヶ城の夜桜

鶴ヶ城の夜桜

たけのこ

たけのこ

賑わいを見せた お城の桜も終わり、博物館の竹林に竹の子を見つけました。

 

紫陽花

紫陽花

店の前の狭い 植え込み。鉢植えの紫陽花が、薄く色づきました。濃いピンク色になるのも もうすぐです。

ふくろうも、これから始まる体験にこられる皆さんをお待ちしております。

今年は雪の少ない冬を過ごしていますが、なんとも物足りない気がします。

2月18日、東京へ行ってきました。上野公園ではカンザクラ?でしょうか、満開でした。

毎年恒例の日本刻字展と、隔年で行われる国際刻字芸術公募大展とが、今年は同時に開催され、鑑賞しに行ってきました。

日本刻字展は東京都美術館で、国際刻字芸術公募大展は銀座画廊美術館で、それぞれ展示されました。

出品された作品はもとより、多くのギャラリーでにぎわい、自作品を探すのも一苦労でした。

日本刻字展出品作品

▲日本刻字展出品作品

日本刻字展目録

▲日本刻字展目録

国際刻字芸術公募大展出品作品

▲国際刻字芸術公募大展出品作品

国際刻字芸術公募大展テープカットの様子

▲国際刻字芸術公募大展テープカットの様子

熱心に見入るギャラリー

▲熱心に見入るギャラリー

上野公園のカンザクラ?

▲上野公園のカンザクラ?

jiyuan

2016年 元日

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

画像の文字は今年の干支「申」。

「申」は「雷」の原字で、雷光(稲妻)を表した象形文字。

電の下部は屈折して走る稲妻を表しています。

申

jiyuan

鳳

鳳(おおとり)とは、鳥+凡

「大鳥の姿+sai(風にはためく帆)」の象形で、

風にはばたく“おおとり”の意味を表します。

Next »